梅仕事








 梅雨の晴れ間、今日は梅仕事の一日となりました。

今年1月1日に開花した梅の古木は、例年より沢山の実をつけて誇らしげです。

白川に向かって枝を張り出しているので、収穫はもっぱら川の中から。今日は夏日だったので冷たい川の流れが心地よい作業でした。

梅の葉っぱの裏で、お昼寝していたてんとう虫には申し訳なかったのですが、一本の梅の木から24キロの実が採れました、大豊作です。

厨房のスタッフが大わらわで実を掃除して梅酒にしてこれから白梅の地下の防空壕( 今は貯蔵庫として使われています。) で3年。きっと甘くて香り高い梅酒になると思います。今から楽しみです。



入梅

   



記録的に早い梅雨入りだそうですね。

お稽古帰りの舞妓の赤い傘が、白川の緑に映えて
美しい祇園の午後です。


梅の実



あっと言う間に新緑の頃となりました。

世の中はまだ騒がしく、落ち着くのはもう少し先になりそうですね。

そんな中でも季節は過ぎ、早かった桜から今はツツジ、藤、牡丹、芍薬と花盛りで気持ちを和ませてくれます。

お正月に咲いた旅館の前の白梅も、今はたわわに青い実をつけています。収穫は通常6月頭ですが、この調子だと今年は少し早くなるかもしれません。

川へ向かって枝をと伸ばしているので、収穫の時は実を落とすスタッフと、川の中に入ってザルで実を受ける役とに分かれての作業。わいわい言いながらの白梅の初夏の行事です。

古木ですが、良い実をたくさんつけてくれるので梅酒にしたりして大活躍。

大体3年寝かせて皆さまにも自家製梅酒としてお出ししています。これがコクがあってなかなか美味しいんです。是非お越しの際はお試しください。

アオサギのおーちゃん


季節も大寒となり、京都もすっかり冬景色。

祇園という街中で四季折々の表情を見せる白川ですが、様々な生き物が生活している場でもあります。

毎日変わらず鴨川からやって来るのが、アオサギのおーちゃんです。

よく一本足で立っているので、町内のおばあちゃんが「王選手の一本足打法みたいやな」と言った事からおーちゃんの名前がつきました。

なかなかのグルメのおーちゃんは、毎日白川にやって来てはいろいろなお店からごはんをもらっています。

ちなみに白梅は朝ご飯担当です。

朝、市場や業者から魚が届き厨房で仕込みが始まるのですが、おーちゃんはその端っこをもらっているのです。端っことは言え春は桜鯛、夏は鱧、秋はヒラメ、冬は寒鰤などなかなか上等なものを食べているんですよ。 

昼ごはんは隣の割烹で、晩ご飯は中華か和食らしいです。

おまけになかなか賢くて、誰がご飯をくれるかもわかっていて名前を呼ぶと飛んできます。冷やかしで呼んでもやって来ないんです。

前日の晩ごはんの当たりが悪いとお腹が空いて朝早くからご出勤。白梅の屋根の上に早速陣取って、やって来たよ!感をアピールです。

梅園のお部屋の前の屋根がお気に入りで、ご朝食をお出ししているとよくお部屋の中から目が合うのですが、私のごはんは?と言われてる様で焦ります。

忙しくて放っておくと、ちょっとおかんむりで橋の上に乗り、しびれを切らしてとうとう暖簾をくぐって玄関まで入って来る事もあり、鉢合わせてお互いビックリした事も。

栄養が充分なので羽も美しく、とてもカッコ良いので写真撮ってもらうことも多いのですが、モデルさんみたいにポージングしているよう。

食いしん坊のおーちゃん、もう白梅の大切なスタッフの1人ならぬ、一羽です。





七草


 早いものでもう七日、五節句の初め人日の節句です。

今朝はお客様に御朝食に七草粥をお出ししました。

無病息災を祈り、又ご馳走で疲れた胃を休める意味もある七草粥。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ これぞ七草。

小さい時祖母に教わり、間違えずに一気に言えると嬉しかったものです。

昔に憶えた事は忘れないものですね。

日本人のこころ、素晴らしい風習はずっと伝えて行きたいものです。そしてそれが京都の担う大切な役割だと思っています。

新年から何かと世の中は慌しいですが、皆さま

ご自愛頂きお健やかにお過ごし下さい。




2021年のお正月




あらたまの年の初めのお喜びを申し上げます。

色々な事があった去年、大切なことは何なのか気が付かされた年でもありました。今年はご無沙汰している方々と早く会える様に祈るばかりです。

寒いと思っていましたが、早くも玄関の梅の古木が可憐な白い花を咲かせはじめました。

元旦に開花とは良いしるし、きっと今年は素敵な一年になると思います。

暖かくなるまでどうぞご自愛いただき、健やかにお過ごし下さいませ。

冬本番


 紅葉の秋から季節はあっという間に冬。

大寒の暦通り、京都も今朝は雪景色となりました。

京都は北へ行く事を上る、南へ行く事を下がると言いますが、その通り北へ行くほど標高が高くなります。

京都タワーの高さと、北大路通りが同じくらいと言いますから結構上りますね。自転車で走るとその差がよくわかります。

京都市内の南の方が晴れていても、北から来る車が

雪を乗っけている事もこれから多くなってきます。

この冬は特に寒さが厳しい様です、暖かくしてお過ごし下さい。

今年も残すところあと2週間となりました、皆様どうぞ良い年の瀬となります様に。