アオサギのおーちゃん


季節も大寒となり、京都もすっかり冬景色。

祇園という街中で四季折々の表情を見せる白川ですが、様々な生き物が生活している場でもあります。

毎日変わらず鴨川からやって来るのが、アオサギのおーちゃんです。

よく一本足で立っているので、町内のおばあちゃんが「王選手の一本足打法みたいやな」と言った事からおーちゃんの名前がつきました。

なかなかのグルメのおーちゃんは、毎日白川にやって来てはいろいろなお店からごはんをもらっています。

ちなみに白梅は朝ご飯担当です。

朝、市場や業者から魚が届き厨房で仕込みが始まるのですが、おーちゃんはその端っこをもらっているのです。端っことは言え春は桜鯛、夏は鱧、秋はヒラメ、冬は寒鰤などなかなか上等なものを食べているんですよ。 

昼ごはんは隣の割烹で、晩ご飯は中華か和食らしいです。

おまけになかなか賢くて、誰がご飯をくれるかもわかっていて名前を呼ぶと飛んできます。冷やかしで呼んでもやって来ないんです。

前日の晩ごはんの当たりが悪いとお腹が空いて朝早くからご出勤。白梅の屋根の上に早速陣取って、やって来たよ!感をアピールです。

梅園のお部屋の前の屋根がお気に入りで、ご朝食をお出ししているとよくお部屋の中から目が合うのですが、私のごはんは?と言われてる様で焦ります。

忙しくて放っておくと、ちょっとおかんむりで橋の上に乗り、しびれを切らしてとうとう暖簾をくぐって玄関まで入って来る事もあり、鉢合わせてお互いビックリした事も。

栄養が充分なので羽も美しく、とてもカッコ良いので写真撮ってもらうことも多いのですが、モデルさんみたいにポージングしているよう。

食いしん坊のおーちゃん、もう白梅の大切なスタッフの1人ならぬ、一羽です。





七草


 早いものでもう七日、五節句の初め人日の節句です。

今朝はお客様に御朝食に七草粥をお出ししました。

無病息災を祈り、又ご馳走で疲れた胃を休める意味もある七草粥。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ これぞ七草。

小さい時祖母に教わり、間違えずに一気に言えると嬉しかったものです。

昔に憶えた事は忘れないものですね。

日本人のこころ、素晴らしい風習はずっと伝えて行きたいものです。そしてそれが京都の担う大切な役割だと思っています。

新年から何かと世の中は慌しいですが、皆さま

ご自愛頂きお健やかにお過ごし下さい。




2021年のお正月




あらたまの年の初めのお喜びを申し上げます。

色々な事があった去年、大切なことは何なのか気が付かされた年でもありました。今年はご無沙汰している方々と早く会える様に祈るばかりです。

寒いと思っていましたが、早くも玄関の梅の古木が可憐な白い花を咲かせはじめました。

元旦に開花とは良いしるし、きっと今年は素敵な一年になると思います。

暖かくなるまでどうぞご自愛いただき、健やかにお過ごし下さいませ。

冬本番


 紅葉の秋から季節はあっという間に冬。

大寒の暦通り、京都も今朝は雪景色となりました。

京都は北へ行く事を上る、南へ行く事を下がると言いますが、その通り北へ行くほど標高が高くなります。

京都タワーの高さと、北大路通りが同じくらいと言いますから結構上りますね。自転車で走るとその差がよくわかります。

京都市内の南の方が晴れていても、北から来る車が

雪を乗っけている事もこれから多くなってきます。

この冬は特に寒さが厳しい様です、暖かくしてお過ごし下さい。

今年も残すところあと2週間となりました、皆様どうぞ良い年の瀬となります様に。

シルバーウィーク


 シルバーウィークの最終日、今日は秋分の日。

昼と夜の長さが同じになる日です。

入道雲もいつの間にか鯖雲に変わり

短歌の季語、秋涼し が実感できる一日となりました。

お客様に言われて気がついたのですが、普通は

いわし雲と言うそうですね。

やはり鯖街道からの鯖鮨が大好きな京都人、

空もサバに見えたんですね。


萩の花も綺麗に咲いたこの四連休は祇園にも人出が戻ってまいりました。

密を避けてマイカー利用の方が多く、道も渋滞が多く発生した様です。

久しぶりのお出かけでお疲れの出られません様、

運転中の方は安全運転で、

ご自宅の方はどうぞゆっくりと秋の夜長をお楽しみ下さい。

地蔵盆



暑い夏の終わり、今年も地蔵盆が行われました。

町内にあるお地蔵さまに子供の健やかな成長を祈る為に、京都、大阪、兵庫の一部で受け継がれている大切な行事の一つです。

お地蔵様の飾り付け、お供えから始まり、読経、数珠回し、福引、お茶お菓子お振舞いなど町内の人々が集まり、賑やかに1日を過ごします。

私が小さい頃は子供の数も多かったので、子供相撲などゲームも沢山あってうるさい?位の賑やかさでしたが、最近は高齢化、少子化が進みどちらかと言うと大人の社交場化しています。

それでも小さい時から知っている近所のおばあちゃん、おじいちゃんの元気なお顔を見るのは嬉しく、又近くにいてもなかなか普段会えない人とお話しできる貴重な時間。

今年はコロナの影響で規模縮小でお茶、お酒、食事のお振舞いも無しとなりましたが、代わりに鰻のお弁当やおやつをお土産に頂き、また町内の有名レストランのランチ、ディナー券が福引で当たったりと、短いながらも楽しく過ごしました。

人と人とのつながりの大切さを確かめ、無事を感謝し、少し童心に帰る事の出来る、大切な夏の終わりの1日です。


祇園の花

        祇園甲部の芸妓 紗矢佳さん

        舞妓 豆珠さん 夏の着物が涼やか

   


花街、祇園。

舞妓、芸妓は美しい花々です。

しかし最近はコロナで彼女達の生活も変化を余儀なくされています。

都をどりなど大きな舞台が中止になり、お座敷も暫く自粛。ようやく動き出した花街ですが、大きな御宴会の取り消しや接待自粛で中々元通り迄には時間がかかりそうです。

そんな中でも笑顔を絶やさず、お客様にひと時の夢を見せてくれる彼女達。

プロフェッショナルの誇りを感じます。