夏の果て

   


今晩 五山の送り火が行われました。

久しぶりに美しい大の文字が夜空に浮かび、手を合わせてご先祖をお見送りです。

直前迄すごい雷雨でしたのに、点火直前にすっかり止み、神様仏様はおられるなぁと実感。

送り火が終わると空気が入れ替わり、白川では虫の声。

夏の果て、そして秋の気配の今宵です。



祭りの後


 

 一月に及ぶ長い祇園祭も、7月31日の疫神社の茅の輪くぐりで全ての神事を終了し、3年振りの山鉾巡行、神輿渡御と祭りの有難さを改めて感じた7月となりました。

江戸時代から196年ぶりに24日の巡行に参加した鷹山、また28日の神輿洗いの行事に伴い、江戸時代から絶えていた祝い提灯行列の神振奉納の再開と嬉しいニュースも相次ぎ、改めて人と人、街のつながりを実感しました。

祭りの後、ほっとしつつもどこか寂しい八月のはじまり。夏も折り返し地点です、どうぞこの先もご自愛頂き健やかな日々をお過ごし下さい。


御旅所


 昨日17日、お天気にも恵まれ山鉾巡行、そして素戔嗚 ( すさのを) をはじめとする三柱が乗られた三台の御神輿の渡御が行われ、今四条寺町の御旅所に鎮座されています。

間近で見る御神輿さまは神々しい!

23日迄、19時から21時頃の間お囃子が鳴り響き、気分も上がりますよ。

疫病退散の願い、叶えて下さいますように。


祇園囃子


 

宵山の夜に祇園囃子が響き、3年ぶりの晴れやかな祭りの時を迎えました。

八坂神社の須佐之男命がご祭神の祇園祭は、神泉苑での疫病退散の祈りから始まりました。

今年はその神泉苑の御神水を八坂神社の井戸に注ぎ、霊力の高まった御神水を色々な所で使っておられるそうです。

今日は山鉾巡行、神輿渡御が行われます。

京都の特別な1日、皆様に須佐之男命の御加護がございますように。

福は内


 今日は節分。

白梅の玄関にも柊に鰯。

ちょっと怖いですよね。鬼も嫌がる訳です。

豆を歳の数、と言ってもたくさんすぎるので

十の位と一の位を足した数頂きます。

節分の名前の通り節を分ける、昔は今日が大晦日。

旧年と新年の隙間に鬼が入ってくる、と信じています。

確かに隙間って何だか怖いですよね、ふすまが少しだけ開いていたりすると鬼が覗いていそう。きちんと閉めなさい、と祖母によく言われたものです。

お料理も鰯の梅煮や恵方巻きが加わって、準備万端、鬼には退散してもらいましょう。


梅一輪


今年はじめての白梅の花が開きました。

去年は記録的な暖冬で1月1日、元日に開花。桜も3月11日に開花して、駆け足の様な春でしたね。

今年は寒い日が多く、去年に比べて開花もひと月遅れましたが、待っていた分余計に嬉しくそこだけぽっと暖かい様に感じます。

白川沿いの梅の木4本が揃って花をつける見頃は2月半ばから3月頭になりそうです。

梅一輪 一輪ほどの暖かさ

蔓延防止措置法適用中の営業について


 オミクロン株の感染拡大で、京都も蔓延防止措置法が再度適用となりました。

飲食店の営業は新型コロナ対策認証店は

営業は9時まで、酒類の提供は8時半まで、となっています。

宿泊については白梅の様にご宿泊のお部屋にてご夕食を提供させて頂く場合には、

制限の適用外となり、特に時間制限、酒類の提供時間もございませんのでご安心下さいませ。

( ルームサービスと同様の扱いとなるそうです。)

白梅ではチェックイン、チェックアウト、お食事も全てお部屋で、又 貸切家族風呂やライブラリーなどの公共施設ご利用の際も、他のお客様と重ならないよう配慮させて頂いております。

ウイルス除去機能最高水準の空気清浄機を全部屋に設置し、清掃、消毒、スタッフのマスク着用、手指消毒など対策を万全にして、安心してお過ごし頂けるようお待ちしております。

今年の京都は雪の降る日が多く、いつにも増して

美しい光景です。

早春の京都、日常を抜け出してゆっくりした時の流れを楽しみにいらして下さいませ。